「Pandra Party Project一周年記念オフ」に参加しました。

先日、「Pandra Party Project一周年記念オフ」にイラストレーターとして参加させていただきました。

「Pandra Party Project」ではあまり描かせて頂いていなかったのですが、今後こういった集いには積極的に参加させて頂く方針にしましたので、少し気後れしながらも参加表明した次第です。

当日はいつもの15分前行動を前提に準備していましたが、初めて行く場所ということもあり、ゆとりを持って出かけたら開場の1時間前には到着。
ただ開催場所の1階にはカフェがありましたので、モーニングを頂きながら時間調整していました。
程よい時間になってから会場へ。
既に人が結構集まってきている中で、受付でクリエーター名を記載して入場しクリエーター側の席に移動すると、前回のオフでお会いしたイラストレーターさんがいらしたのでご挨拶。ほかのゲームマスターの方とも名刺交換しつつ開演まで色々とお話ししていました。
開演と共に場は一気に熱を増したようになり、お世辞にもゲーム自体にそれほど詳しいとは言えない私もその場の空気はとても熱く感じました。

クリエーターとしての簡単な自己紹介も済み、割と多めに持ってきた名刺を交換しつつ先のイラストレーターさんに渡されたスケッチブックに、更にゲームマスターの方にお借りしたシャープペンシルで簡単なイラストを描いていました。
再び絵を描きだしてからの簡単といっても初めてのアナログイラスト。自宅にもアナログの絵の環境は一切ありません。
手に取ったスケッチブックの紙ってこんな紙質だったと再認識しつつ、そのわずかな凹凸がペンタブレットで描いている感覚と大きく違い普段のラインで描けず一苦労していました。
Twitterでお話したことがあるイラストレーターさんとも初めてお会いして名刺交換をしましたが、思われていた私の印象が違ったご様子でした。
これは前回のオフでお会いした方々と同じ反応という感じです。
私の趣旨としては、絵を見て頂きたい事が優先で、私という印象は特に必要としていないため極力不要な個人情報は外に出しておりません。出しているのは自衛を目的とした最低限の情報ぐらいなので。あとは普段のtweetの内容で判断して頂くぐらいです。

また今回は途中で退席することも考えていましたが、気づけばクリエイターの退場時間まで過ごさせていただきました。
持参した名刺が足りず失敗したと思ったり、もう少しプレゼンをしっかりしたほうが良かったと思うことも多々ありましたが、とても楽しく過ごさせていただいた一日となりました。

人気の投稿