PhotoshopからAffinity Photoへ

 


普段のイラスト作成ではPCとClip studio Paint、Cintiq16を用い描いていますが、納品するイラストサイズの等倍で描くことはあまりありません。

キャンバスサイズや解像度にもよりますが、等倍では線が荒く見栄えや作業効率も悪くなるため小さいイラストでも最大で3倍程度拡大したサイズで作成し、完成したものを納品サイズへ縮小するという方法をとっています。

納品されるサイズより大きいキャンバスサイズで描いたイラストを等倍で保存した後、Photoshopで開き直して縮小するという手法です。
Clip studio Paintでも縮小を行える中わざわざPhotoshopで開き直す理由は、同じ縮小のアルゴリズムでも実行するアプリによってその結果が微妙に異なるためです。

Photoshopで縮小を行った場合はClip studio Paintで行う縮小よりも若干シャープとなり、ぼやけた印象がなくなります。この結果が個人的に好みの画質です。
Clip studio Paintでも縮小後にフィルターで少しシャープをかけると良いかもしれませんが、狙った結果にするためには調整の手間がかかるため、Photoshopで開いて縮小を行うことで作業の時短を行っているとも言えます。

また印刷目的のイラストの場合、カラーモードをRGBではなくCMYKで作成する必用があります。詳細は省きますが、一からCMYKモードでイラストを作成するのは色々と不便な事が多いため、RGBでイラストを作成し完成したイラストをCMYKへ変換を行っています。 これもクリスタだけでは難しいためCMYKへの変換作業はPhotoshopで行っています。

このように私がPhotoshopで利用する機能は限定的なためサブスクリプションとなった最新のPhotshopの機能はほとんど必要としておらず、以前から使っているPhotoshop CS6でも問題はありません。
ただPhotoshop CS6は現在利用しているWindows10では動作保証外となっていることもあり、いつまで利用できるかわかりません。

私はPCだけでなくiPad Proでも同じClip Studio Paintを利用して描いていますが、使い出した当時はiPad版の完全なPhotoshopがなかったこともあり、代わりとなる同等の機能を持つアプリが必要でした。
その中で見つけたのがSerifの「Affinity Photo」です。

iPad用のアプリとしては高額になりますが、商品説明やレビューを見る限り縮小の精度は確認できませんが"CMYK"も扱えて高機能ということで購入。
使い出した「Affinity Photo」はアプリとしての個性はあるものの、Photoshopと近いインターフェイスということもあって利用における引っ掛かりはありません。
そのため外出先で用いるiPad Proでは必要不可欠なアプリの一つになり、Clip Studio Paintと併せて用いるようになりました。

PCでは初めと変わらずClip Studio PaintとPhotoshopと併用していましたが、先日Affinityシリーズが半額になった旨のメールが届きました。


この割引は昨年もありましたが、私はWindows版のトライアルだけ試して期間が終了となったので購入に至りませんでした。ただトライアルの中でPCの利用でも問題がないことを確認していたので今回購入したという流れです。

各機能のショートカットの登録もできるので、普段利用している左手デバイスのG13とPowerMateに必用なショートカットを登録して使い勝手を向上させています。

全く同じではありませんが今のPhotoshopと同様の機能が使えるので、今Photoshopを利用されている方も単に乗り換えではなく、必用な作業を行うアプリの選択肢に「Affinity Photo」を加えて見るのもよいかと思います。

私の場合は利用する機能が限定的ということもあって完全に乗り換えることができたので、PCとiPad Proで同じアプリに統一できた感じです。
また、CMYKと縮小に関しては確認したことを以前Twitterで書いていましたので、よろしければご覧ください。
※縮小時の設定は現在試したところ「Lanczos3(分離可能)」のほうが今の私の好みの画質になりました。

今回の割引の期間が書かれていない為いつまで行われているか分かりませんが、Illustratorと同様の機能を持ったDesigner、InDesignsと同様の機能を持ったPublisherも半額になっていますので、この機会に検討されては如何でしょうか。

        

人気の投稿